トップバナー トップバナー トップバナー

園だより

10月25日、みんなで芋ほりを楽しみました。ひかり組は1番最後にしましたが、さすがに経験者です。土の中に芋のつるを見つけると、「あっ!ここにお芋あるかも・・・」と、どんどん掘っていきます。一人ではなくお隣の友だちに一緒に掘ろうと声をかけて、力を合わせます。さらに、ここは土が固く自分たちの使っている砂場用スコップでは、時間がかかり大変と悟ると「園長先生、ここ、大きいスコップでほってくださーい。」とお願いもします。さてさて、しばらく掘っていくと、土の硬さではないものにあたり、「おっ!これは?もしかして?」さらに掘り進めると「お芋があったよ。やったあ!」と歓声が上がります。抜くときもお芋を横に揺らしながら少しづつ土を柔らかくして大事にとっていくのでした。

神愛幼稚園のお芋掘りの体験は、確かに経験となって、子どもたちの中にしっかりと根付いていました。お芋掘りから、子供たちの成長を感じた幸せなひと時でした。秋の深まる時期に、神さまからのたくさんの恵みに感謝しつつ、自然の恵みを体感していきたいと思います。