トップバナー トップバナー トップバナー

園だより

 「神愛幼稚園のクリスマス」

 預かり保育の子どもたちの荷物を入れるかごを廊下に並べていると、「手伝ってあげるよ」とゆり組のAくんがやってきました。次の日も外遊びをしているAくんが手伝いに来てくれました。別の日には、ゆり組のBくん、Ⅽくんとやってきて手伝ってくれます。自分たちに出来ることを自分から申し出て、手伝ってくれています。「有難う。本当に助かりました。」声をかけると、「どういたしまして」とまた、あそびに戻っていく子どもたちです。子どもたちの心の成長をとても感じたひとときでした。

 イエス様のお誕生の劇は、もも組からひかり組の全ての子どもたちが出演します。どれが欠けても困る大切な役割です。特にひかり組の子どもたちは、自分一人で演じる人となり、日々取り組んでいます。また、ほし組は、歌の天使となり聖歌隊として讃美で降誕劇を支えていきます。きらきら光るほしとなるもも組、馬小屋の動物たちになるゆりB組、羊飼いに守られた羊になるゆりA組、クラスみんなでせりふを言い、歌います。それぞれに頑張りますのでしっかり見てあげてください。

皆さまの心に、本当のクリスマスの喜びが届きますように。